公開履歴
黄色の錠剤と瓶

避妊によく使われるピルですが、いろいろな女性特有の悩みを解決したり緩和することができます。ピルの服用にはいろいろなメリットがあり、子宮頸がんなどの病気の予防したり、月経困難症の改善を行うことができるでしょう。
よく利用されるのが避妊で、服用する女性の多くは避妊を目的にしています。
毎日決まったタイミングにおいて服用することによって、約99%妊娠することを予防することが可能です。
いろいろな効果を期待することができ、月経不順を改善することができます。
服用している間、排卵が止まる仕組みになっていて、休薬期間中に排卵が行われ生理が来る仕組みです。
服用することによって28日周期で生理がやって来ます。
月経不順や月経痛などを緩和することができ、PMS(月経前症候群)の軽減することができ便利です。
生理が始まる頃気持ちが不安定になりイライラする人がいますが、このような症状をPMSと呼んでいます。
服用すると体内のホルモンバランスが安定するので不快な症状が出にくくなる特徴があります。

ピル(避妊薬)は、望まない妊娠を防ぐために服用されるお薬です。また、生理時の諸症状を緩和する作用もございます。さらに、継続して使用することで美肌効果を期待できるピルもございます。

引用元:【公式】避妊薬ピル|あんしん通販マート
ニキビを改善することができ、大人になってから口周りにニキビができる人が多いです。
口周りにできるニキビは男性ホルモンの増加によるもので、男性ホルモンが増加すると皮脂が多く分泌します。
ピルを飲むと男性ホルモンが抑制され女性ホルモンが優位になるので、にきびを予防することができるでしょう。
肌荒れにも効果があり、きれいなお肌を手にすることが可能です。
生理痛はホルモンのバランスが変化することから起こるので、このバランスが変わると子宮が大幅に収縮したり痛みが生じてしまいます。普段からピルを飲んでいることによって、ホルモンバランスがそれほど変化しないので月経痛を減少することが可能です。
経血量が減るので体内の鉄分が損失されず、生理時に貧血気味になるなら貧血を予防することができるでしょう。
ガンの中でも卵巣がんや子宮体がんなどを予防することができ、毎月繰り返される排卵は卵巣などに負担をかけることになるので、負担がかかることからがんを起こすリスクが高くなっていきます。
ピルを服用すると排卵を抑制することができるので、負担を少なくすることができピルを長期服用している人はがんの発生リスクが軽減されるとされています。
女性特有のいろいろな疾患を予防することができ、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮外妊娠や卵巣のう腫などの予防に効果的です。
いろいろな病気のリスクを減少することができるので、将来的に妊娠しやすい身体を作ることができます。
女性は年齢を重ねるにおいて子宮筋腫や卵巣がんなどに悩んでいる人が多いですが、ピルを長期服用している人の中にはこのような女性特有の病気の発症率が低い人もいます。肌荒れなどに悩んでいる人も多いですが、ピルを利用するといろいろな不快な症状を緩和することが可能です。

記事一覧
よく聞く子宮頸がん、なぜ定期的に検査が必要なのか 2020年07月11日

女性特有のがんの内、乳がんの次に罹患率が高いのが子宮頸がんと言われています。最近20~30代の発症が増えている傾向がありますが、実際何歳でもなりうる疾患です。4...

子宮内膜症って何歳から発症するの? 2020年06月05日

子宮内膜症は子宮以外にも子宮内膜ができる病気で、10代後半から増えている病気になります。子宮内膜症は子宮内膜組織が子宮内膜以外の所に成育する病気で、子宮の筋層に...

ピルを始めるタイミング 2020年04月29日

ピルを始めるタイミングは人それぞれですが、例えば絶対妊娠したくなかったり、女性主導で避妊が必要だったり、パートナーが避妊に非協力的などがあげられます。いろいろな...

低用量ピルの副作用が出たら種類を変えてみよう 2020年04月03日

低用量ピルには女性ホルモンが配合されていて、低用量から高用量までいろいろと配合されている量によって区分することが可能です。種類毎に使い方が違っていて、低用量ピル...

低用量ピル、何日飲み忘れたら効果が切れるのか 2020年03月05日

低用量ピルをもしも飲み忘れた場合、いくつか対処方法があります。1錠忘れたなら経過時間によって異なり、服用時間を過ぎて思い出すことがあれば前日忘れたことに気付くこ...

ダイアン35を飲めばニキビの改善も見込める 2020年02月06日

ダイアン35にはいろいろな効果があり、生理不順を改善したり生理痛やPMSなどを改善することが可能です。避妊効果はもちろん顎ニキビや肌荒れなどを解消を期待すること...

ピルを病院に行かずに購入する方法 2020年02月02日

どこの病院でもピルを処方してもらえるわけではなく、低用量ピルやアフターピルなどを処方するのは薬事法や処方箋などの関係から産婦人科や婦人科になります。婦人科の中に...

更年期前に低用量ピルを飲むことで更年期障害の対策を 2020年01月30日

更年期障害の症状にはいろいろな種類があり、代表的な症状として手足の冷えやめまい、体がほてるなどがあげられます。症状が悪化すると骨量の減少や膣の乾燥・萎縮、脱毛や...

繰り返す不正出血、考えられる原因と改善策 2020年01月27日

生理以外で不正出血がある場合、いくつか原因があります。例えば何かしらの病気が原因になる器質性出血があり、これは子宮頸がんや子宮体がん、子宮筋腫や子宮内膜炎、膣炎...