低用量ピル、何日飲み忘れたら効果が切れるのか

低用量ピルをもしも飲み忘れた場合、いくつか対処方法があります。
1錠忘れたなら経過時間によって異なり、服用時間を過ぎて思い出すことがあれば前日忘れたことに気付くこともあるでしょう。
12時間経っていない場合はすぐに服用し、次の日もいつも通り服用することができます。
避妊効果を持続することができ、もし12時間以上過ぎているならピルを服用し他の避妊法を併用することをおすすめします。
シートの一週目に飲み忘れると注意が必要で、ピルを一週目に連続して服用するとその周期において正常な排卵が起こらないとされています。
一週目に忘れてしまうと妊娠する確率が高くなる傾向があるので注意が必要です。
もし一週目に忘れたなら12時間以内でも7日間連続して服用するまで、他の避妊方法を利用するか性交を避けておきましょう。
ピルを2錠や3錠忘れてしまった場合、ピルを1錠服用しその後は予定通りに服用していきます。
シートが二週目以降でも避妊効果が下がるケースがあるので7日間服用するまで他の避妊方法を併用することをおすすめし、性交渉を避けましょう。
3錠以上忘れた場合、一旦服用を中止し月経が来るのを待ってから新しいシートを再開します。
注意したいのが嘔吐や下痢で、きちんと服用していてもピルが体外に排出されている可能性があります。
服用した後2時間以内において嘔吐や下痢などがあった場合、成分が排出されたかもしれないので1錠ピルを服用すると安心です。
低用量ピルを服用した後2時間経過している場合、妊娠を阻止する効果が持続しているので通常通り服用することが可能です。
24時間以上嘔吐したり下痢が続くなら、飲み忘れた時と同じ対策を図ります。
低用量ピルを飲み忘れ避妊効果が下がった場合に他の避妊法を利用しないで性交渉したなら、すぐにアフターピルを服用しなければいけません。
飲み忘れから時間がどれくらい経していたり、1錠忘れたのか2錠忘れたかによって妊娠の確率が変わります。
妊娠を確実に避けたいなら病院を受診し医師と相談することをおすすめします。
偽薬は飲み忘れても大丈夫ですが、もし性交渉してから72時間過ぎると緊急避妊法を利用することができないので注意しましょう。
生理が来れば大丈夫ですが、ピルは避妊効果が高いので飲み忘れしないことが前提です。
偽薬を利用すると休薬期間をきちんと維持することができたり、不安がある時は他の避妊法を利用したり病院に相談することをおすすめします。
低用量ピルにはいろいろなメリットがあり、生理周期を整えたり生理痛を改善してくれるので便利です。