低用量ピルの副作用が出たら種類を変えてみよう

低用量ピルには女性ホルモンが配合されていて、低用量から高用量までいろいろと配合されている量によって区分することが可能です。
種類毎に使い方が違っていて、低用量ピルの方は効果は低いですが、高用量ピルの方が効果が強くなります。
その反動から副作用に関して低用量ピルの場合は弱いですが、高用量ピルの場合はやや強くなるでしょう。
ピルにはいくつか副作用があり、例えば吐き気や頭痛、胸の張りや腹痛、眠気などがあげられます。
我慢できるものもあれば日常生活をおくるのに難しい強い症状もあるでしょう。
ピルをいつから飲み始めたことはそれほど問題ではなく、すぐに腹痛や眠気などの症状が現れたり、2~3か月飲み続けていると副作用が次第に現れるケースもあります。
低用量ピルの場合原則毎日服用するのが必要になるので、日を開けて利用することができません。
いつから副作用が現れるのかはその種類にもより、人によっては頭痛が起きたり頭痛はないけど吐き気や腹痛を感じる人もいます。
複数の副作用症状として現れることも多いので注意が必要です。低用量ピルは実際に服用してみないとどのような症状が起こるか分かりません。
一時的なものや長期間にわたって起こることもあり、辛い副作用が出たとしても飲み方を工夫すると不快な症状を抑制することができるケースもあります。
一時的な症状なら我慢すればよいですが、もし我慢できなければピルの種類を変えるという方法もあります。
低用量ピルは2~3か月以上飲み続ける人もいるので、不快な症状が辛いなら自分の身体に合ったものに変えると良いでしょう。
低用量ピルと言っても種類は1つではなく、一相性から三相性などがあります。
配合しているホルモン量が少ない超低用量ピルもあり、一相性で症状が辛いなら徐々に慣れさせるために、三相性にしてみる方法もあるので便利です。
人によってはいろいろな症状が現れず服用することができ、三相性にしても何かしらの副作用が出る場合はホルモン量が非常に少ない超低用量ピルを使うと良いでしょう。
基本的にホルモン量が多くなったり急激なホルモンバランスの変化から吐き気などの症状が出る場合がほとんどです。
ホルモン量の変化を改善するため配合量が少ないものに変更することができます。
ピルの種類を変えるだけで副作用が出なくなる人も多く、今使っているピルの副作用がきついなら医師と相談してピルを変えてみることをおすすめします。