子宮内膜症って何歳から発症するの?

子宮内膜症は子宮以外にも子宮内膜ができる病気で、10代後半から増えている病気になります。
子宮内膜症は子宮内膜組織が子宮内膜以外の所に成育する病気で、子宮の筋層においてできたものを子宮腺筋症と呼んでいて、卵巣の中に血液が溜まり血腫になったものをチョコレートのう胞と呼ばれています。
どの部位に発生しても子宮内膜と同じく、生理周期に合わせて発育したり出血などを繰り返す特徴があります。
通常の経血のような出口がないので血腫になり、周囲の器官を癒着させるので激痛が起きることも多いです。
なぜ子宮内膜症になるのかその原因にはいろいろな諸説がありますが、まだ明確にはなっていません。
20~30代女性に多く見られますが、10代後半でも発症する人が増えている傾向があります。
低用量ピルを利用したり検査することによって治療することができ、再発を予防することが可能です。
例えば卵巣に子宮内膜ができると、生理の度に血液が溜まるので卵巣は肥大しドロドロとした状態になります。
チョコレートによく似ているのでチョコレートのう胞と呼んでいて、のう胞があると不妊の原因になったり大きくなると破裂することもあり吐き気や激しい部痛に襲われるでしょう。
閉経した後には起こらないので?性ホルモンの影響が関係していると言われていて、悪性の病気ではなく痛みや妊娠する目的がなければ身体に負担がかかるような治?は避けておきしばらく様子を見ることが多いです。
そのような場合必ず定期的に検査する必要があり、症状があったとして軽い段階なら鎮痛剤や漢方薬などで痛みを軽減したり、経過観察することが可能です。
症状が酷いなら手術したり、再発を予防するためピルなどが処方されることもあります。
辛い症状が出る場合、ホルモン剤を使って生理を止めたり病巣を休ませることによって症状を改善することができます。
進行を抑えることができ、生理が止まる妊娠中や閉経状態と同じ状態を作るので偽閉経療法などとも呼ばれています。
女性ホルモン?法を利用しても改善しないなら、手術を?うケースもあります。
症状によって選ぶ手術は?なり、妊娠や出産を望む人の場合は子宮や卵巣を残す保存手術を選択することが可能です。
病巣が小さかったり癒着している部分が少ない場合にも保存手術が良いでしょう。
いろいろな手術や治療方法があるので、子宮内膜症になったなら医師と相談し適切な処置を受けることが可能です。