更年期前に低用量ピルを飲むことで更年期障害の対策を

落ち込んでいる女性

更年期障害の症状にはいろいろな種類があり、代表的な症状として手足の冷えやめまい、体がほてるなどがあげられます。
症状が悪化すると骨量の減少や膣の乾燥・萎縮、脱毛やうつ症状が起こるケースもあるでしょう。
生理不順や無月経症状などが起こることもあり、症状が更に深刻になります。
体重が激減した場合は体調不良を引き起こしたり、生命活動を優先させようとするので結果的に生理が止まります。
更年期障害の治療としてピルなどを利用することが多く、ホルモンバランスを安定することが可能です。
更年期障害を予防するため日頃から規則正しい生活が重要で、普段の生活を見直したり適度な運動を行うことをおすすめします。
基本的にピルは妊娠・出産する世代が服用するものですが、40代になっていろいろな体調不良が起こってくると更年期前の対策としてピルを服用する人もいます。
中には30代から低用量ピルを飲んでいる人も多く、特に40代後半になってからエストロゲン量が減っていくのでうつ症状に悩んだり体がほてることに悩む人もいるでしょう。
ピル以外にはエストロゲンを減らした女性ホルモン補充療法に切り替えることも可能です。
30代からピルを飲んでいる人がホルモン補充療法への切り替え時期として、一般的に40代後半と言われています。
低用量ピルのやめどきや切り替え時期について、処方している婦人科医と相談しながらやめどきを図ったり上手に切り替えすると良いでしょう。
低用量ピルを利用しているといろいろな効果を得ることができ、避妊はもちろんニキビや多毛症、お肌を改善することが可能です。
生理周期が整ったり生理痛を改善することができ、生理量が減るので貧血を予防することができます。
月経前症候群(PMS)を緩和することができるので、いろいろな効果を実感することが可能です。
卵巣機能の低下を改善したり骨粗しょう症を改善することが可能です。
卵巣がんや子宮体がん、子宮内膜症の進行を抑制することができるのでいろいろなメリットがあります。
更年期前からピルを飲んでいる人が多いので、いろいろな不快な症状を予防することに繋がります。
ホルモン補充療法に切り替えると、ほてりやのぼせ、イライラや不眠、頭痛やお肌の乾燥といった更年期症状全体に効果があります。
コレステロール値を下げるので肝機能障害や高血圧を予防することができ、脳卒中やアルツハイマーなどを予防する作用もあるので有益です。