繰り返す不正出血、考えられる原因と改善策

薬のスプーンと皿を持っている女性

生理以外で不正出血がある場合、いくつか原因があります。
例えば何かしらの病気が原因になる器質性出血があり、これは子宮頸がんや子宮体がん、子宮筋腫や子宮内膜炎、膣炎といった病気によって起こる出血です。
子宮頸管ポリープや子宮膣部びらんがあったり、膣炎や外陰炎などでも出血することがあるでしょう。
鮮血や茶色のものが出ることがあるので注意が必要です。
ホルモンの乱れが原因による機能性出血は、ホルモンバランスがきちんと安定しない思春期や更年期などに見られることが多いです。
出血が長く続く無排卵月経や生理前に少し出血が続くといった黄体機能不全などがあげられます。
脳下垂体や卵巣といったホルモン分泌に関係する器官の働きがダウンしているなどが原因として考えられるでしょう。
中間期出血は排卵期において卵胞ホルモン分泌が一時的にダウンするために起こる出血です。
機能性出血の一種で中間期出血は生理的なことなので病気にはなりません。
もし鮮血や茶色のものが出ていて気になる場合、基礎体温を付けることをおすすめします。
排卵の頃に出血するならほぼ中間期出血になるので、それほど心配しなくても大丈夫です。
但し、一週間出血が続いたり生理と同じくらいの量がある場合、婦人科に相談した方が良いでしょう。
妊娠や何かしらの病気が原因のケースもあり、妊娠すると少量の出血が起こることもあります。
生理は量が少なめと感じたら妊娠していた人も多いです。
稀にですが甲状腺ホルモンの異常などに関係して、不正出血や過少月経などが引き起こるケースもあるので注意が必要です。
出血の状態を見て病気かどうか自己判断することができないので、医師に相談することをおすすめします。
ほとんどの場合不正出血は心配がいりませんが、中には子宮頸がんや子宮体がんなどの病気が隠れていることもあります。
気になるなら婦人科を受診し、受診時において基礎体温をつけた表を持参すると診察に便利です。
基礎体温表は診断する際大きな手がかりになるので、生理不順などで生理と不正出血の違いがよく分からないという人は普段から基礎体温を付けておくと良いでしょう。
器質性出血などの場合は早期発見することによって対処することができたり、いろいろな改善策を試すことが可能です。
いろいろな改善策がありますが、ピルを飲むことによって女性ホルモンを安定することができるのでいろいろな不快症状を改善することが可能です。